2007年09月23日

ふき取ってみませんか?

たびたびこのブログで、私が「脂漏性皮膚炎」と「酒さ」という皮膚病を患っていることは書いていますが、この2つ、決定的な原因も治療法もないという、難治性のもので、私もかれこれ6年苦しんできています。
病院ももちろん行ったし、サプリも飲んだし、食事療法もしてみたし、化粧品もいっぱい試しました。
でも、コレ!というものもなく、悩みつづけて6年。
「もう一生このままなのかも・・・」と、ほぼ毎日落ち込み続けてきました。

が、ここ最近、非常に調子が良いです。
ブツブツもだいぶ減って、赤みは当然あるけど、ファンデーションでごまかせるレベルです。
間近で私の顔を見る機会の多いオットや母にも、「最近きれいじゃん」と言われるとこまで回復してきました。

特に化粧品を変えたわけでもなく、いいもの食べたわけでもなく。
何をしたかというと、最近流行り?の「ふきとり洗顔」なのです。
今まで、
「肌を拭く」=「こする」=「摩擦」=肌に悪い
というイメージがあり、いろいろ試してきた中でも、これだけはできんと避けてきました。
きっかけは特になく、なんとなく「どーせもう荒れ放題だし、拭いてみよっかな」と思い立ってやってみたのです。
余っている化粧水もあったので、それを消費したかったのもあり。
いわば、やけっぱち。
でも、数日やってみただけで、全然肌の感触も、赤みも違ってきました。

今までは、クレンジング(オイルだったりミルクだったりジェルだったり)をしてから、せっけん洗顔をしてきました。
「とにかく汚れを落とさなきゃ!」という感じ。
もしかしたら、それじゃ落ちてなかったのかも。汚れもそうだけど、クレンジング剤が残っていたりとかしていたのかもしれない。
手についたファンデーションを、オイルやミルクで落としても、意外と落ちてないなぁとは思っていたのです。
でも拭くのはもっと肌に良くないと思っていた私。

ここ数日は、せっけんを使っていません。
もちろん、せっけん洗顔が合う方もいると思うし、ふき取りが全部の人に合うかはわからないけど、何をやっても肌の調子が悪くて、ふき取りはやったことがないという方、ものは試しにやってみてはいかがでしょうか。

私のやり方。
1.クレンジングを肌に馴染ませる。
  ちなみに、私が使っているのはジェルです。ミルクでもいいです。
  でも、オイルは向かないかも。
2.コットンに化粧水と乳液(安いのでOK!たっぷりと)をつけ、
  やさーしくやさーしくふき取る。
3.コットンに色がつかなくなるまでやさーしくふきふき。
  ちなみに、私は3枚で取れます。
4.水で流す。
5.いつものお手入れ。

水で流すのは、夏場なのでさっぱりしたくてやっているだけで、流さなくてもいいらしいです。
今は化粧水くらいしかつけませんが、今まではどんなに化粧水をつけても、クリームをつけてもつっぱっていたのが、化粧水だけでしっとりします。
冬場はクリーム系も必要かもしれませんが。

ずっと肌を気にして、下ばかり向いて歩いていたこの6年。
人と目を合わせるのが苦手になってしまったこの6年。
決して「美肌」になったわけではないし、人の目も気にならないわけではないけど(まぁ他人ってあまり人の肌なんて気にしてないんだけどね)、ちょっと前向きになれそうなヨ・カ・ン♪←アホか。
モナカとの2ショットももっと欲しい。
実は、肌を気にして、一緒の写真をほとんど撮っていないのです。
出産すると、生まれたばかりの赤子を抱いた写真て撮るじゃないですか。
私はあれすら撮りませんでした。
産院で家族写真を撮ってくれるというサービスがあったので、その時だけはファンデーション塗りたくって撮りましたが。

今年は、もう少し赤みがひいて、家族写真を写真館で撮れるといいなぁ・・・。

気にしなきゃいけないのは、肌だけじゃないんだけどネ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・腹・・・・orz
posted by あなたのもなみ子 at 21:38| 静岡 ☁| Comment(2) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

初体験「ハナノア」

いきなり余談ですが、ログインした時に、自分のブログの人気が順位ででるの、これいらない。
下がってると無意味に落ち込みます。

さて、ここ2・3日、花粉症がひどいです。
今年のピークなのかな。
いや、ピークであって欲しい。
そして終わって欲しい。
でも、私は杉の後にやってくる「ひのき」の花粉症でもあるので、闘いはまだまだ続く。

最近CMでやっている「痛くない洗浄液を鼻から入れて口から出す」鼻うがいの商品「ハナノア」。
あの「プールでツーン」の経験を思い出すと、とてもじゃないけど鼻から液体を入れようという気持ちにはなりません。

だがしかし。
ここ数日のくしゃみ連発の不快症状に耐えられず、迷いに迷った結果、とうとう手を出してみました。
家に帰り、モナカを「おかあさんといっしょ」で釣り、1人洗面所へ。
説明書どおり、「アー」と言いながら、洗浄液を鼻へ流し込む。
CMでは、

鼻の奥をドッパーと洗った液体は、
するんと口へ流れて
ペッ!
スッキリ!

なのだけど、何しろ怖いので、

鼻の穴をちょろちょろと流れた液体は
ちょろーんとのどの奥へ流れて
あ、ヤベッ!反対の鼻穴から出てきたッ
ハヒー!(←声にならない叫び)
でもちょっとスッキリ。

こんな感じ。
確かに洗浄液自体は痛くない。
でも、やっぱり鼻の穴に異物が入る不快感てのはあるかな。
それがいずれ、快感に変わるのでしょうか。
これって・・・(以下自主規制)

正直鼻うがいした後に、くしゃみが止まるわけではないんですが。
でも、多少のスッキリ感と「洗ったゾ!がんばったゾ!自分!」という満足感は得られます。
お試しあれ。
posted by あなたのもなみ子 at 14:44| 静岡 ☁| Comment(3) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

肌トゥルン

たまーにしかあげないネタなので、知らない方が多いと思うのだけど、相変わらず困らされてます「脂漏性皮膚炎」。
脂漏性皮膚炎とは、何らかの原因で皮脂が過剰に出てしまい、それを好む真菌に肌をやられてしまうという難治性の皮膚炎です。
30歳の時に、多分ストレスが原因で患ってしまって以来5年。
いろんな化粧品を試し、サプリを試し、お茶を試し、健康に悪そうな健康法まで試しw、もがき苦しんできました。
顔にできるトラブルって、単純に症状だけでなく、精神的にまいってしまうというのが困りもの。
道ゆく人が皆「あの人肌汚〜い」と思っている気がするのです。
現に私はかかって以来、人と目を(顔を)合わせるのがとても苦手だし、鏡を見るのも必要最低限(コンタクトはめるときとか、ファンデーション塗る時とか)です。
昔はメイクも大好きだったんだけど、今の私にとってメイクは「トラブルを隠す」ためのもので、楽しむものではなくなってしまいました。
娘モナカは赤子だけあって&オットの血を濃く継いだせいか、色白のとてもきれいな肌をしています。
「モナカちゃん肌きれーい」と言われると、うれしい反面「でもお母さんは汚い」と思われている気がして・・・ホント病んでるなワシ。


が、最近だいぶ調子が良くなってきました。
現在の症状は、赤みはかなり残っているものの、ファンデーションでいくらかは隠せて、ブツブツはほとんどありません(まぁどアップで見ればあるんですが・・)
私がしたように、同じ皮膚炎で悩む人が「脂漏性皮膚炎」で検索をかけて、治療法を探している人がいると思うので、ここで私が現在しているスキンケア&気をつけていることを紹介してみます。
うっかり踏んだ方、参考にしてみてください。
一度に色々なことをするので、どれが効いたのか?というのはちょっとわからないし、私に合ったからといって、どの人にも合うわけではないので、あくまで参考まで・・。
(メーカー名あげてますが、関係者ではございませーん)

■スキンケア
 今の時期はやはり皮脂が出てしまうので、ファンデーションはパウダーで。
 メーカーに関しては、今はジプシー状態です。
 
 ブツブツにてきめんに効いたのが、「プロアクティブ」という商品。
 TVで時々紹介番組をやってます。
 元々はニキビ用の製品らしいのだけど、皮脂コントロールと殺菌という部分で
 脂漏性皮膚炎と共通なのではと思い使ってみたところ、効きました。
 ただし、赤みには効きません。
 ただ、合う合わないがかなりはっきり分かれると思う。
 アメリカのメーカーのせいか、香料強いし。
 日本人向けにマイルドにしたといっても、けっこうピリピリします。
 私の肌には正直刺激が強かったです。薬と思って使ってましたw。
 ずっと使いつづけるかは?だけど、困った時の救世主にはなるかもしれない。
 60日間返金保証があるので、試すだけ試してみるのも良いかも。

 オイルクレンジングは良くない!というのはよく聞くのだけど
 私の場合はオイルクレンジングにしたときのほうが調子がいいです。
 オイルクレンジングは乾燥肌になる!というので、夏場はどうしても脂性に
 傾いてしまう私にはちょうどいいのかもしれません。
 とはいっても、冬場はかなり乾燥してしまうので(これがやっかいなところ)
 クレンジングに関しては変えないといけないかも。
 今はDHCのオイルを使っています。
 DHCが好き!というわけでもなく、西友ブラついてて目についただけw。

■内側からのケア
 本当は食生活を一番気をつけないといけないんだけど・・。
 育児に忙しいという言い訳でけっこういい加減かも・・。
 野菜をなるべくたくさんとるようにはしていますが。
 青汁はずっと飲んでます。
 私が飲んでいるのは、アサヒ緑健の「緑効青汁」というやつです。
 あと「黒酢&カルピス」を飲んだ時はなかなか調子良かった。
 でも高いので、黒酢とカルピスを別々に買って飲んだほうが安上がりかもw

今日、オットが私の顔を見て「肌トゥルーン」と言いました。
なにせ外に出られないくらい酷かった時も知っているオットのセリフなのでw、多分世間的に見れば「普通に荒れ肌」なのかもしれないけど。
うれしかったです。
「どんなに肌が荒れていても、もなちゃんを嫌だと思ったことは一度もないよ」
と言ってくれるオットのため、きれいな妻・ハハを目指します。
オットもコレステロールがちと高めだし(スマン)
これからは食生活をおおいに見直して、青汁頼りにならずに、バランスの良い食事を作ることが私の課題です。

・・って、その前にモスをがまんしろってオットのツッコミが聞こえるヨ!
posted by あなたのもなみ子 at 23:40| 静岡 🌁| Comment(5) | TrackBack(1) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

トマトはどうだ?

相変わらず、プツプツガサガサ肌のもなみ子ですもうやだ〜(悲しい顔)
最近、ある発見をしたのです。

というのも、うちの親が、姉の旦那さんの親からもらってきたトマトジュース。
濃縮還元ではない、正真正銘100%丸しぼりのやつです。
うちの親は、あまり飲まないということで、もらって飲んだら、これがウマーひらめき
ほんのり甘くて、塩をパラパラっと入れて飲んだら、これがまたウマウマーぴかぴか(新しい)
で、一気にびんの半分(400mlくらいあったと思う)飲んじゃいました。
そしたら、次の日なんか、肌の調子が良かったのです。

もしかして、もしかしたら、トマト?
そんなわけで、最近トマトラブです。
最近といっても、ここ2日ほどですが。
元々、トマトにモッツァレラチーズをはさんだのが大好きで。
チーズが、もうちっと安ければ、毎日でも食べたいのです。
オットにも、わけたくないくらい好きなのです。
トマトは、夏野菜なので、身体を冷やす効果があるし、旬ではないので
冬に食べるのは、イクナイのかもしれないんですが、
サプリ漬けになるよりかはマシかと(既に4種類飲んでる)
なにより、身体がトマトを欲するのです。
あぁ、今もモッツァレラトマトが食べたい・・。
オニオンスライスをまぜたら、さらにおいしいだろうなぁ・・じゅるり。

今の時期、トマトも高いのですが、これで3年以上悩んでいたものが解消されるなら安いものだす。
なにしろ、三十路過ぎたら、素材が大事ですから。

まぁ、それよりなにより、この外食好きをなんとかするほうが先なんだけどな・・トホホ。
posted by あなたのもなみ子 at 22:16| 静岡 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。