2009年09月02日

桃、みたいなもの。

赤ちゃんぽいしぐさはまだ残るものの、徐々にこども体型に成長しているモナカ。
最近は、保育園でよく身体を動かしているせいもあり、すらりと締まった体つきになってきました。

特にプリッとしたお尻はかわいくてかわいくて萌え〜揺れるハート

そんなある日、モナカが桃を食べたがりました。
青森のおじいちゃんが作ってくれた桃は食べつくしてしまい、もう家にはありません。

「桃はもう終わっちゃったよ。でもここに桃があるけどねー」

とおしりツンツンしたところ・・・

「それは桃じゃないっむかっ(怒り)

・・・・・・・・・桃みたいだけど


オチをつけるあたり、やはり私の血が濃いなw。
っていうか、そんなセリフを言うようになったあたり、体型だけじゃなく、頭の中身の成長も著しい今日この頃。
posted by あなたのもなみ子 at 10:32| 群馬 🌁| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

母ちゃん、ヘソ2つ。

最近、モナカは数の概念がわかってきたようです。
けっこう前から、1から10までは数えられてたんですが、
「数えてた」というよりは「唱えてた」という感じですね。
今「one」から「ten」がそんな感じ。

最近は「アメは何個ある?」と聞けば、数えて「2個」とか答えるようになりました。

先日お風呂に入っていた時、モナカが色々数え始めました。

「おめめは?」「2こ」
「おっぱいは?」「2こ」
などなど。

「すごいな〜モナカ〜数がわかるようになったんだねー」
などと親バカ全開でほめていたところ

「お母ちゃんのおへそは2こ」

実は、私の腹は、帝王切開の切り始め(縦切り)の上に、腹肉が乗っており、
ω

これに近い状況にあるのです。
(なんてぶっちゃけ)
この真ん中部分がへこんでいるため、へそのように見えたらしい。

子供の洞察力ってすごい。
そして、子供って残酷。


そして、こんな時に限って同席しているオット。
もちろん大爆笑だったさ!
オットにべた褒めされて、とてもうれしそうなモナカ。

保育園で先生に言うなよ!
posted by あなたのもなみ子 at 14:14| 群馬 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

母好きに変更?

キャラ弁。

おかげさまで、モナカの風邪も治り、昨日からまた元気に保育園に通い始めました。
っても明日からまた休みだしダッシュ(走り出すさま)

先生に聞いたら、表情も明るくなり、おふざけもするようになってきたとのこと。
そうなると、尻をだしていないか、大いに心配ですw。
(クレヨンしんちゃん大好き)
今のところ出していないようですが、出すのも時間の問題かもw。

とはいえ、別れ際は、やっぱり少し切なそうです。

ある日、私の身支度が遅くなりそうだったので、オットに連れて行ってもらおうとしました。
すると

「モナカお母ちゃんと行くのっ!」

と強固に私と行きたがるモナカ。

あら、お母ちゃん子になってきたのかしら。
やっぱり女は女同士よね。
かわいいこと言うじゃないのウフフフフ。
と思っていたら、

「モナカお父ちゃんだと寂しくて泣いちゃうの。

お母ちゃんなら泣かないから」


ってオイ。


写真は今日のお弁当。
モナカもお弁当の日なので、初めてキャラ弁に挑戦してみました。
前の日から構想を練り、あーでもないこーでもないと試行錯誤し、なんとかおさまりました。
「また作ってー」とか言われたらどうしよう。
余計なことをしてしまった気がものすごくしていますw。
posted by あなたのもなみ子 at 11:21| 群馬 ☔| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

モナカ夏風邪。

ひきました。
日曜日の夕方から熱が出始め、今日で3日保育園お休み中。
当然私の仕事も絶賛お休み中orz

来年か再来年になれば「母ちゃん仕事するから寝ててね」っていうのができるとは思うけど、でもキッツい感染症を発症すれば、やはり休業しなければいけないし。

そして、こういう時に限って、予約希望の電話が来るんだw。
しかも立て続けにww。
先週はゼロだったのに(かなりぶっちゃけ)www。

働く母ちゃんの、そして自宅開業の厳しさを感じています。
今から冬が怖い・・・。

さて、久しぶりにモナカと終日過ごしているわけですが。

間が持たねぇ〜!

保育園に入園してまだ3ヶ月だというのに、去年の今頃は、どうやって一緒に過ごしていたんだろ。
工作絵本なんて買ってきて一緒にやってみたりするのだけど、
あまりの出来の悪さにイライラするばかり。
なんて、3歳児に求めすぎか。
でも、普段甘やかされているせいか、すぐにできなーいと投げる女モナカ。
すぐにオットに丸投げする私にそっくりですw。

そんなわけで、さくっとお昼寝に突入させていただきましたw。

さて、今日は熱も下がって、元気になってきました。
明日から元気に登園できますように。

どうかどうかwwww。
posted by あなたのもなみ子 at 13:39| 群馬 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

キッズゴスペル教室。

そろそろ私の中の外出虫がうずきだしたのと、モナカは歌や踊りが好きなようなので、何かやらせたいなぁと思い、音楽教室を検索してみたのですが、
保育園帰りのモナカに合う時間帯の教室って、なかなかないか既に埋まっている状態。

子供HIPHOP教室のポスターを見つけたと思ったら「4歳以上対象」。
年少児対象だとは思うんですが、早生まれって、こういう時に損です。
大人になると、うらやましい限りなんですが・・w。

で、ネットで色々と検索してみたところ
「キッズゴスペル&英会話教室」
というサイトを発見。
見てみると、月2回、教会で教えているらしい。

こういう時の行動力は、異常なほど早い私。
早速電話をして、見学させてもらうことにしました。
モナカに
「お歌の教室があるんだけど、行ってみる?」
と聞くと、2つ返事で「行く!」
保育園が終わった後、早速レッツゴー!

教会だけあって、先生はニコニコと優しく迎えてくれました。
モナカは緊張して、最初は私から離れようとしませんでしたが、先生が「一緒にやろう」と手をひいてくれると、そのあとは他の子供たちに交じって楽しそうに歌ったり踊ったり。
終わるまで、私のところには戻ってきませんでした。
その辺は、保育園生活が活きているのかもしれません。

英会話教室も兼ねているのですが、DWEを聴いているせいか、リズムに合わせて名前を言う場面でも
「マイネームイズモナカ!」
と、他のみんなと同じように、上手に言えました。

モナカが楽しそうにしていたので、私も安心して、楽しく見ていられました。
帰り道、
「たのしかった!また行くー!」
と何度も言っていたので、本入会してしまおうと思ってます。

で、ゴスペルって一体何でしょう?

ww。
posted by あなたのもなみ子 at 13:19| 群馬 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

「命の尊さ」的な〜。

今朝、保育園に送って行く前に、車のドアの前に「だんごむし」がころんと転がっていました。
多くの幼児がそうだとはおもうんですが、モナカも例にもれず?ありとかだんごむしとか見つけると、「えいっ」と踏みつけてしまいます。
もちろんそのたびに「ダメだよ」と注意してはいたのだけど、今日は私が先に「ふんじゃダメ」と言っているのに、面白がって踏んだので、さすがに怒りました。
とたんに半べそのモナカ(→その後プチ泣き)。

その後、一応フォローはしてみたものの、しょんぼりしたまま登園。
ちょうど担任の先生がいて、しょんぼりと抱っこされたモナカを見て
「どうしたのー?元気ないね」と声を掛けてくれたので

「いや〜・・・来る前に怒っちゃって・・・
(アハハハ・・・と顔を見合わせ)
・・・・・・フォローしといてくださいw」

と、何と先生にフォローを丸投げして、帰ってきちゃいましたw。

育児系の掲示板を見ると、よく
「子供が、虫を面白がって殺してしまう」
というスレッドが立っていたりして、虫を殺してはいけないことを、どう教えたらいいのか考えてしまいます。
「これ!」っていう、明確な答えはあまりなかったりします。

だって、家に入ってきたハエとか蚊とかゴキブリは殺すじゃん。
(おそらくモナカは心の中で言ってるかもしれない)

今日のところは、
「家に入ってきて、悪さをする虫は仕方なく退治するけど、だんごむしとかアリは悪いことしてないでしょ!」
って言ってはみたものの。

血を吸ってカユカユ汁を注入していく蚊なんかはともかく、
ハエもうるさいくらいで、たいして悪いことしてないし。
ゴキブリも、不気味なくらいで、特に危害は加えてこないし。

みんなみんな同じ命なのにー。
こちらの都合で「これは殺していい、これはダメ」って選別をしているのは大人の方なのにー。

子供をしつけたり、教育したりする上で、自分たちのしている「矛盾」に気づかされることって多いですね。

まあそうやって、どこかで折り合いをつけていかなきゃいけないのが「世間」てものなのさフフフフン。

なんていいつつ、ちょっとまだもやもやしている母なのでした。
おいしい給食食べて、機嫌が直ってるといいけど。
posted by あなたのもなみ子 at 12:47| 群馬 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

「えんと」の謎。

子供を産んでから群馬に移ってきて、支援センターや児童館、子供を取り巻く環境でよく聞かれたのが

「えんと」

お父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんはともかくとして、保育士さんまで使ってます。

最初は意味がわからず、かといってわざわざ聞くのもなんだなぁと思い、そのうちに「おすわり」の幼児語とわかりました。

なんで「えんと」?
どうしたら「お座り」が「えんと」に変化するのか?

気になりだしたら止まらない性格のため、調べてみました。

「えんと」・・・・北関東で使われる。
「えんこ」・・・・南関東で使われる。

ざっと見た感じなので、違ってたらすみません。
元々の語源は「えんこ」みたいです。
子供が足を投げ出して座っていることを「えんこ」というのだそう。
「車がエンコする」の「エンコ」と同じなんだって。
江戸時代から使われている、由緒正しい?言葉だそうです。

ついでにもうちょっと見ていくと、地方によって「お座り」の幼児語だけでも色々あるようで、おもしろいです。

「ちゃんこ」「おっちゃん」「おっちん」「おちょきん(これは正座のことらしい)」「ちゃんちゃん」「じゃんこ」等々・・・・。


私自身は、もともと幼児語をほとんど使わないのですが、たぶんこれは母の影響だと思います。
拒絶というよりは、脳に幼児語情報がインプットされていないみたいです。
ちなみに私の姉は、「ちゃんこ」と言ってましたが、これは周りの人の影響だと思う。

とりあえず「えんこ」「えんと」は、関東圏の幼児語らしいのですが、娘が関東圏に嫁いだ以外に、とんと関東圏に縁のない母に聞いてみたところ、一応知ってました。

「そーいえば、お母さんて、あまり幼児語使わないね」
と聞いてみたところ、やはり特に理由はないようで、おそらく祖母や祖父、さらにその上の代から使っていなかったのかも。
(ちなみに高知県の出身です)

「お座り」ひとつとっても、深い深い幼児語の世界でございます。
posted by あなたのもなみ子 at 22:30| 群馬 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

保育参観。

みどりのみどりの わたしのふく
みーんなみーんな みどりいろー
だーってわたしは げんこつやまもの
わたしのふくは みどりいろー


最近、保育園で歌っている歌を、家で歌ったりしています。
童謡も歌ってるようですが、保育園とか幼稚園用の歌なのか、知らない歌も多いです。

上の歌、「げんこつやまもの」って何か、非常に疑問で仕方ありませんでした。
ネットでも色々と調べてみたけど、出てきません。

さて、先週末に保育参観がありました。
ここで「げんこつやまもの」の正体(というか、ちゃんとした歌詞)がわかるのではないかと、期待してでかけたのですが、

ぜーんぜん、わかりませんでしたw。

「げんこつやまもの」もわからなければ、他の歌も、ほとんど歌詞が聞き取れませんでしたw。
まあそこは3歳児クラスですな。
今度先生に聞いてみよう。
ちょっと真剣に悩んでますw。

参観では、リズムもありました。
リズムとは、リトミック・・・・とはちょっと違うけど、音楽に合わせて身体を動かすものです。
入園前の支援センターや児童館でもやっていたけど、その時は早々に飽きるか、最初から「やらなーい」と言っていたモナカ。
すごく上手(←ここ親バカw)に、元気にやれてました。
お友達と衝突してすっ転んでも、めげずにがんばってました。

GW以来、元気がなかったりなかったりして、心配していました。
それでも、お友達の名前が出てくるようになったり、少しずつ楽しいことも増えてきているようです。
「行かなーい」と行っても、私が
「でもさ、行かないとRちゃんに会えないじゃない?」と言うと、
「あそっか」と、しぶしぶながらも腰を上げたり。
心底保育園が嫌いってわけではないようです。

少々ツンデレかもw。
posted by あなたのもなみ子 at 14:20| 群馬 🌁| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

カモニカ先生の謎。

昨日は重たいお話になってしまいましたが・・・。
励ましのコメントやメールをありがとう。
心機一転やってます(いつまでもつか〜ww)

「保育園でモナカの笑顔を取り戻せプロジェクト」(そんなのないw)
ということで、まずは、モナカの登園時間を30分遅らせました。
今まで「なるべく早起きして登園しましょうね」との園長の言葉を真に受けて、8時に登園していたのです。
先生たちの通常出勤時間が8時半。
その前の時間帯は、先生たちが順番で「早番」出勤しているのだそう。
なので、モナカも登園時に、担任の先生が毎日いる方が安心するだろうということと、「そんなに慌ててこなくていいですよ」との言葉もあり、8時半登園となりました。
実は数回寝坊している我が家w。ちょっと助かりますw。
ま、そのうちそれに合わせて寝坊するんだろうけどwww。

少しずつ、少しずつです。


さて本題。

モナカのクラス「うさぎぐみ」の担任の先生は2人。
30人近いわからんちんどもを束ねるのは、さぞ大変であろう。
先日の面談で「園へのご要望はないですか?」と聞かれましたが、もう見てくれるだけで十分でございます(マジでマジで)。

「うさぎぐみきらーい」と時々言うモナカも、担任の先生のことは悪からず思っているようで、早番でいると、明らかにホッとした顔をします。
ひとりの先生は「Fせんせい」(珍しい名字なので伏せます)。
擬態語っぽい響きで、子供にも言いやすいのか、すぐに覚えてきました。

ところが。
「モナカ、うさぎぐみのもう一人の先生はなんて名前?」と聞くと、


「カモニカせんせい」



微妙に母音は合っているけど、「カ」「モ」「ニ」どれも入ってません。

しかも、カモニカ先生、

3文字なんですけど。





よくある名字だからいっか。
タムラ先生なんです。
なぜ「タムラ」が「カモニカ」になるのか。
子供の耳って時々不思議。

しばらくは、モナカが「カモニカせんせい」と言うと「ああ、タムラ先生ね」と、さりげなく訂正していたのだけど、最近では、私も「カモニカ」の響きが気に入ってしまい、訂正しなくなってしまったw。
本当は面談で言おうと思っていたのだけど、それどころじゃなかったんで、近々タムラ先生に言っておかなければw。
posted by あなたのもなみ子 at 23:30| 群馬 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

個人面談。

昨日、モナカの保育園で、個人面談がありました。

最近は、楽しかったーと言って帰ってくるので、あまり心配もしていなかったのですが、先生のお話によると、

・GW明けてから、表情が暗くなっている。
・4月にはできていたことも、できなくなってしまった。
・お友達に、嫌なことを「いやだ」と言えない。
・先生にも言えない。
・ひたすらブランコ遊び「だけ」をしている。
・失敗が怖いのか、何をするにも先生に確認を取っている。

等々、心配なことばかりでした。
でも一番聞いて辛かったのは、

「泣きたかったら泣いちゃってもいいんですけどね、むしろその方がいいんですけど、モナカちゃんは泣かないんです。
私たちが『泣いてもいいんだよ』と言っても、ぐっとこらえてるんです」

と言われたこと。
確かに、ここ最近の私はイライラしていて、特にGWはワガママがすごくて、モナカのキーキーにつきあいきれなかった。
そして、GW明けの登園の時に泣いたときにも受け入れてあげられなかった。
「泣いたら怒られる」って思わせてしまった。
その他もろもろ、私に思い当たる節がものすごくあった。

「お母さんだけのせいじゃないよ!育児は両親でするものだ」
とはよくいうけど、何しろうちは平日は私一人でやっているので、私の影響がかなり絶大なことは言うまでもないことなわけで。
そんな私自身のプレッシャーとかストレスも、モナカは敏感に感じ取っていたのかもしれない。

等々、先生にお話をしました。
先生は「自分の子供に感情的になってしまうのは仕方ないですよ、わかります」
と言ってくれた上で、

「モナカちゃんすごくがんばっているんですけど、ママからも『そんなにがんばらなくていいよ』って言ってあげてください」


私自身は、モナカに「がんばって」って言ったことはなかった。
がんばっているのはわかっていたから、あえて使わないようにしていた。
でも、
ちょっとした一言「楽しんでおいでー」とか「お友達と遊んでおいでー」
という言葉や、
口癖のように使ってしまう
「ちゃんと○○しな〜」
という言葉が、モナカにとっては、プレッシャーだったのかも。


そんなわけで、昨日の夜、ベッドに入ってから
「モナカねー、保育園で困ったことがあったら、なんでも先生に言っていいんだよ。先生は必ず助けてくれるから」
「あとね、保育園そんなにがんばらなくていいんだよ。泣きたくなったら、泣いたっていいんだよ」
「こないだお母ちゃん、モナカが泣いたとき怒っちゃったけど、本当は怒ってないから、心配しなくていいからね」

という主旨のことを話しました。

すると、ちょうどタイミングだったのかもしれないけど、ふっと身体の力を抜いて、すーっと眠りに落ちていきました。
やっぱりずっと緊張していたのかな。
まだ1ヶ月だもんなぁ・・・・この時期は、新入園児じゃなくても泣いたり不安定になる子供が多いみたいだから。


そして今日、朝保育園に送っていき、いつものようにブランコを10回こいであげてから
「じゃあ、お母ちゃん行くからね、バイバイ」
と言うと
「いってらっしゃーい」
と見送ってくれました。

実は、GW明けてから、「お母ちゃん行くね」と言うと、すごく切なそうな顔をしていたのです。


育児って、自分の一番嫌な部分を突きつけられたり、向きあったりしなきゃいけない作業だなぁとよく思うのだけど、今回の面談も、まさにそんな感じでした。

でも、昨日言われて良かった。
もし
「モナカちゃん、順調ですよー。全然問題ないです」
とか言われたら、軌道修正できずに、後々大変なことになっていたかも・・・・。

私も接し方や言葉の掛け方を見直す機会ができて、今日から心を入れ替えるぞっと決意できましたってことで、まあよしとして。


・・・・問題は、帰ってきてから面談の結果を聞き、
「うーーーーーーーーーーーーーーーーむ・・・・・・・・・」
と考え込んでしまったオットかw。
posted by あなたのもなみ子 at 10:20| 群馬 | Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

胎内記憶。

モナカが3歳になったら、聞いてみたいことがありました。
それは、「生まれた時の記憶」。
3歳のどこかで、1度だけ聞くのがいいらしいです。
何度も聞いたり、ある程度大きくなってから聞くと、想像で記憶を作ってしまうのだそう。

しかも、難産の場合は、記憶している確率が高いらしい。
(あくまで統計として)
陣痛48時間&帝王切開という、おそらく難産の部類に入るであろう私。

「くるしくて、急に明るくなったのー」
とか
「急にドアがあいたのー」
とか、
なんかそれっぽいセリフを期待し、先日とうとう聞いてみました。
(っていうか、ずっと聞くのを忘れていたw)


「ねーモナカ、モナカが生まれてきた時のこと覚えてる?」
「んー・・・・・・、おぼえてる」

よくわからないけど、お母ちゃんが覚えてる?っていうから覚えてるって言ってみた風な返答w。

「どんなだった?」

「んーーーー・・・・・・・・・・・・・
(数秒考えて)


赤ちゃんだった。」



イヤイヤイヤイヤイヤイヤ。
そりゃそうですから!


「じゃあさー、お母ちゃんのおなかの中にいたとき、どんなだった?
暗かった?」

「(割と即答)暗くなかったよ。
まるくてねー、ここにおっぱいがあったから飲んだ」


イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ。
それおそらく生まれた後のことですから!


要は覚えていなかったようです。
まさか「赤ちゃんだった」という返しがくるとは思ってなかったw。
さすが私の子。


ついでに、今日は子供の日なので、もうひとつ質問してみました。

「モナカは大きくなったら何になりたい?」

「えーとね。うさぎぐみ!


イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ。
それ今ですから!



*「イヤイヤイヤイヤイヤ・・・」はダチョウ倶楽部風に読んでいただけると、私の気持ちに近づけますw。
posted by あなたのもなみ子 at 21:53| 群馬 ☔| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

初お弁当。

初・お弁当。

今日は、初めての「お弁当の日」でした。
公園に行くとかで、お弁当を作ったことはあるけど、モナカは外ではあまり食べないので、おにぎりと卵焼きをぽんぽんと突っ込む程度。
児童館のお別れ遠足の時も、サンドイッチを作ったくらい。
まともな「子供用のお弁当」を作ったのは、これが初めてです。

お弁当は、「完食することが大事」ということで、好きなものばかりを詰めました。
ゆでにんじんとかぼちゃの煮つけは、前日から用意してあったし、ウインナはちょっと切って焼くだけだし、全然簡単なものばかりなのに、詰めるのに1時間近くかかってしまった。
(オットのと同時進行していたのも、ワタワタした原因)

欲張りすぎて、ちょっと入れすぎたかなーと思ったんですが、見事に完食してくれました。
家では食べないトマトも、ちゃんと食べてました。
これなら、ほうれん草入れときゃよかったw。緑足りなかったし。
オットは好き嫌いもないし、よほど「人として食べられないレベル」の味付けにしなければ、完食してくれるので、「全部食べてくれる」という喜びを、久々に味わいましたw。

そういえば、保育園で給食を食べるようになってからは、家でも少しずつ、パスタなんかも食べるようになってきました。

泣きの日もあったけど、1ヶ月経たないのにすごい成長っぷりです。
私もがんばらなければ!と、モナカの姿を見るたびに思います。
正直、仕事をする上では、子供の存在が足かせになってしまう部分はどうしてもあるのですが。
でも、モナカの存在・成長は、確実に私のがんばる原動力になっています。
というわけで、がんばれモナカ。
ついでにがんばれ私w。
posted by あなたのもなみ子 at 22:00| 群馬 ☁| Comment(4) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

泣きの1週間。

入園してから2週間。
毎朝楽しそうに「あそんでくるー!おかあちゃんは仕事行ってきてー」と、アッサリお別れしてくれていたモナカ。
ホッとする反面、これでいいのかと思ったりしていたら・・・・。

今週は朝から
「行きたくなーい」
「おかあちゃんと一緒がいいよぅ〜」
「うさぎぐみきらいだよぅ〜」
と大泣き。
緊張の糸が切れたのかも。

おもちゃは自分のものだけじゃないし。
ブランコも、ずっと乗っていられるわけじゃないし。
別にしたくもないのに、トイレにみんなで行かなきゃならないし。
先生が、自分だけを見ていてくれるわけじゃないし。
思い通りにならないことがあることも、見えてきたのかもしれない。

初めての集団生活。
モナカなりに、色々乗り越えないといけない壁が、いっぱいあるんだろうな。


最初に泣かれた日は、家に戻ってから私まで泣けてしまったもうやだ〜(悲しい顔)
うちは、どっちにしても幼稚園に入る年だけど、もっと小さい年齢から入れたお母さんは、泣かれると本当につらかっただろうな。
「保育園に入れて、働けるなんてうらやましい」
と思っていた自分が恥ずかしい。
今更ながらすみません。


そんなわけで、ちょっと早めにお迎えに行きました。
泣きながら飛び出してくるかな。
私の顔を見たとたんに、泣いちゃったらどうしよう。
なんて心配していたら、ニコニコ出てきて
「たのしかったー!わーい(嬉しい顔)
先生に聞くと
「今日は全然泣かなかったですよ。お昼寝もできたし」
モナカはモナカで
「もっとあそぶー!おうちかえらなーい」
と、またブランコへ走っていき、そうかと思うと
「おかあちゃんに、給食みせてあげる」(注:サンプルが出ている)
と、給食室に連れて行ってくれたり。

行ったら行ったで、それなりに楽しんでいるようです。

昨日は、身支度が間に合わなかったので、オットに連れて行ってもらったんですが、やはり大泣きしたらしい。
娘に関しては、ドライな性格が一転、ウエットな男と化すオットは、心配でなかなか車に乗り込むことができず、しまいには
「お父さんいると泣くんで」
と、保育士さんに、シッシッとされたらしいwww。

そんな昨日も「たのしかったー!」と出てきてました。
大丈夫だよ、オット。
アンタが心配しているほど、モナカはヤワじゃないよ。

今日は、家を出る前に少し泣き、車の中で「行きたくなーい」を連発していたものの、門を入るとちょうど、うさぎぐみの先生が出てきていたため、少し安心したのか、泣かずにバイバイできました。

夕方は、やはり園庭でしばらく遊んでから帰ってきたのですが
「モナカ、朝泣いちゃったの。
でも、明日からは泣かないよ、保育園」
と言ってきました。
モナカなりに、少しふんぎりがついたのか。
でもなんか、いじらしかったので
「うん、えらいね。がんばったね。
でも、泣いてもいいんだよ。泣きたかったらがまんしなくていいよ」
と言っておきました。
(ここだけ切り取ると、非常にいい母親だな私www)

さて、明日は泣かずに行けるか?
ま、泣いてもいいんだけどさ。
posted by あなたのもなみ子 at 22:01| 群馬 ☁| Comment(3) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

通常保育開始。

今週から、お昼寝付きの通常保育が始まりました。
トイレ問題に続き、心配の種だった昼寝。
2歳前から昼寝をしなくなったモナカ。
昼寝嫌がるだろうなぁ・・・寝たら寝たで、夜寝ないよなぁ・・・。
夜は付き合うとして、昼寝の時に、嫌がって泣くんじゃないか。
とか色々心配して、毎日「昼寝しました?」と、先生に聞いていました。
というのも、モナカ本人に聞くと
「お昼寝した?」→「おひるねしたー」
「寝られた?」→「ねられたー」
「寝られなかった?」→「ねられなかったー」
と、オウム返しなので、わからないからですw。

最初は、やはり寝なかったらしい。

月曜日「お友達がおしゃべりしだすと、つられちゃうのよねー」
火曜日「寝なかったけど、静かにゴロゴロしていましたよ」
水曜日「少しうとうとしかけたんですけどね、でも機嫌よく、ゴロゴロしてましたよ」
木曜日「今日はモナカちゃん、寝ました!」
金曜日「今日は2時過ぎに寝ました」

4日目にして、寝られるようになったみたいです。
少し夜遅くなったけど、でも、極端に真夜中まで寝ない!ってこともないかな。
給食も、特に何も言われないので、大体のものは食べているようで、家でも、出されたものは、ほぼ完食するようになりました。

なんかすげーな、保育園パワーって。

私自身も、昼間は準備作業に追われているものの、孤独にもくもくとやっているので、夕方からモナカと過ごすのが楽しいです。
まだ、延長保育をお願いしていないので、4時頃帰ってきてから散歩に出たり、近所に住むモナカちゃん(偶然同じ名前)のお家に遊びに行ったりしています。

朝も、必要にかられて早起きするようになったし、いいリズムになった感じがします。

・・・・って、これまでどれだけグダグダだったんだかって話w。


そして、週末の今日。
週末は、親子3人で公園にでも・・・と思っていたら

「モナカ、おとうちゃんと公園に行ってくるー。
おかあちゃんは、おうちにいてね
来ちゃダメ」


と、置いていかれてしまいましたorz
まあ、暑いし、ここ2、3日は、花粉もけっこう飛んでるからいいんだけど・・。

そんなに早くしっかりしなくていいよーと、勝手なことを思う母。
posted by あなたのもなみ子 at 11:43| 群馬 ☁| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

慣らし保育。

昨日と今日は、慣らし保育で、お昼ごはんを食べて帰ります。
今日は、買い物に寄ったら、帰りの車で力尽き、ただいま昼寝中。

さて、以前に一時保育に数回預けたことがあるので、あまり心配はしていなかったんですが、やっぱり大丈夫だったようでw。
荷物を所定の場所に置き、「じゃあお母ちゃん行くね」と言ったら、アッサリお友達と遊び始めました。

次に心配の種のトイレ。
「自分で行くって言って、できましたよ」
とのこと。
入園実質1日目にして、アッサリです。

そして給食。
前もって、担任の先生に、食べムラがあること、好き嫌いがあることを伝えて、少量から様子を見てくださいとお願いしておいたのですが。
「シチューのお肉を出した程度で、あとは食べてましたよー。
スパゲティサラダは、3回おかわりしてました」

普段家では、パスタを一切食べてくれないモナカ。
ちなみに、今日の献立の、ナポリタンもちゃんと食べたらしいです。

なんだか、私の料理の腕を、全否定された気がしてなりませんorz
まあ上手かないけどさ。


大丈夫とは思いつつ、少し心配していたのが「登園拒否」。
今日迎えに行ったところ、
「もっと遊びたかったー!!」と大泣き。

帰宅拒否っすか。


これから長い保育園生活、色々あるとは思いますが、まずは順調な滑り出しのようです。
でも、子供にも「五月病」があるらしいので、安心しつつも、ちゃんと見守っていかねば。


来週からは、昼寝付きの夕方まで保育になります。
夜寝ないだろうなぁ・・・・。
私は来週、大工仕事の予定ww。何屋だww。
経費削減、できることは手作りです。
posted by あなたのもなみ子 at 15:37| 群馬 ☔| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

入園式。

本日、無事、入園式を迎えました。
幼稚園と違って、入園する子は0歳〜4歳児までいるし、制服はないし、早々に赤ちゃんは飽きて泣くし、先生はジャージだしw。
「式」という雰囲気ではなかったですが。
でも、ぞうぐみさん(年長さんにあたる)のお兄ちゃんお姉ちゃんが歌を歌ってくれたり、ちょっとプレゼントをくれたり。
和やかな入園式でした。

そのあと、うさぎぐみ(モナカのクラス。年少さんにあたる)の教室で説明と、ちょっとお遊び。
モナカは、一時託児に数回預けたことがあるせいか、割とすんなり、親元を離れて遊んでました。
まあ、私たちがいたから、安心していたのかもしれませんが。

・・・と、いうわけで、問題は、トイレと食事だな。

一応、オムツが取れませんでしたというお話はしておきましたが・・。
食事もな・・・見慣れないものは食べないし、気分で食べないので、ちょっと、けっこう、かなり、相当心配です。
トイレよりも心配です。

とはいえ、公園に行っても、友達を見つけて遊ぼうとするところがあるので、そういういいところもちゃんと見て、認めてあげなければ。
成長してくると、どうしても、できないことに目が行きがちです。


さてさて、これで本当に、仕事するための下地ができました。
モナカも、新しい環境で、モナカなりにがんばっていくだろうし、私もがんばらなければ!!








・・・・・・ダイエットも。
オットが撮ったビデオ見たら、相当ヤバいことになってたおorz
posted by あなたのもなみ子 at 22:12| 群馬 ☁| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

ようやく・・・・。

力作。

入園3日前にして、やっとこ袋物をこさえました。
学生時代、夏休みの宿題は、8/30・31に仕上げていた私。
母になってまで、やることがギリギリですww。

左がパジャマ入れで、右はカップ入れ。
同じ布で、お弁当箱入れも作ったのだけど、紐が足りなかったので、写真はナシ。
保育園だけど、月に1回「お弁当の日」があるのが、大きな誤算。
何もかも、おんぶに抱っこじゃダメなのね〜。
でも、今からお弁当どうしようと不安ばかりが募ります。
あわてて、幼児用お弁当の本など、取り寄せてみたりするw。


さて、家庭科、特に裁縫関係は、自慢できるほど苦手な私。
スムーズにできるわけないよなと思っていたら、やはりやはりw。

まずは、紐を通す穴がせまくて縫いなおし。
さらに、悲劇はカップ袋。
正方形になるはずなのに、なんか長方形なんだよなー、目の錯覚かw?と、おそるおそる計ってみると、やはり5cm間違ってたw。
裁断&縫いなおし。
結果、製作時間5時間の、超大作となりましたw。


最初から既製品買うんだったよ・・・・・。




・・・・・作るよりきれいだし。




・・・・・作るより全然安いしwww。





とはいえ、母手作りのグッズを持たせるのは初めてのこと。
小学生にもなれば、手作りよりも、売っているもののほうを欲しがるだろうし、いい記念です。
気に入ってくれるといいんですが。
まあ、布地を自分で選んでいるので、気に入るとは思いますがw。


これで、ほとんどの入園準備ができました。





・・・・・やべ、パンツに名前をつけなければ!!!
posted by あなたのもなみ子 at 23:52| 群馬 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

ツキタン0302。

昨日すっかり忘れてましたあせあせ(飛び散る汗)
3歳2か月です。

さてモナカ。
オムツは、相変わらず取れないですが、支援センターの先生に話したところ
「もうパンツ履かせてきちゃって。
おもらししても大丈夫だから。
決まった時間に、みんなでトイレ行くから、そのうちできるよ!」
との、ありがたきお言葉。

だがしかし、保育園に任せっぱなのもね。
やれるだけのことは、やっておこうというわけで。
とりあえずパンツに慣れていただこうと、ちょうど暖かくなった今週から、家ではパンツを履かせています。
外出の時はオムツ・・・この中途半端っぷりが、オムツ取れない一因だろうな・・・バッド(下向き矢印)

さてさて、最近気づいたっていうかびっくりしたんですが、

いつの間に!

何の練習もしてないのに、毎日乗っていたわけでもないのに、
っていうか、ここ数か月、全然乗ってなかったのに。
漕げるようになってました。
以前は、ちょっと前に進んだと思ったら後ろに下がっていたのが、こぎ続けると前進できるというのが、身体でわかったのかな。
すげーな子供。

寄り道。

でも、道端のペンペン草を見つけては下車。
見つけては下車。
見つけては下車。
違った意味で、前に進みませんw。


DWEのほうは、最近は停滞気味です。
車でCDは必ず聞いてますが、同じのばかりを聞いてます。
アルファベットは完璧。
AとかFとか、簡単なものは書けます。
でも、一本縦棒を書き、横向きに毛をフサフサフサフサ・・・・。

「Eでーす!(得意満面)」

突っ込み癖のある私ですが、ここはぐっとこらえて
「おおっ!Eだ!すごいねー!」
彼女がEというなら、それで良いのですwww。


そんなモナカが現在、ハマっているのが「ひらがな」。
って、ブログだけみてると、えらい教育ママだな私w。
これは、『某トラキャラクターを前面に押し出している教育出版会社』から、アホほど送られてくるダイレクトメールに載っていた、ひらがなマシーン(ボタンを押すと「あ」とか「い」とか言うやつ)に、モナカがえっらい食いついてしまい、どうしても欲しい欲しいというので、3ヶ月だけ取るかと注文したもの。
ひらがなが読めているのか、下に書いている絵を通じて読めているのかよくわからないけど、大方わかるみたいです。
早期教育には興味がないし、実は、どちらかというと否定的だったりします。
お受験地域でもないしね。
でも遊びながら勝手にいろいろ覚えていくという点では、小さい頃に色々手を出すのは、悪くないなーと最近思ってます。
そういえば、私も、2歳上の姉のおかげで、幼稚園の時には、すでに九九を言えてたっけ。


というわけで、気がついたら、モナカの保育園入園まで2週間切ってしまいました。
どうしようどうしよー!
すっげー寂しいんですけど!

・・・・って思ってられないくらい、仕事が入ってくれるといいんですが。

でも、お客さん(立場上「患者」とは言えない)が、あまり来ない間は、勉強勉強です。
学ばなきゃならないことはいっぱいです。
一生勉強です。
posted by あなたのもなみ子 at 22:41| 群馬 ☀| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ひな祭り。

ひなひな

モナカ3歳のひな祭りです。
雛人形は置き場所がなく、結局テレビ台に飾ることに。
隣にテレビ。反対隣はDWEの真っ青な棚。
情緒も何もありませぬ。
雛人形の隣は、先日児童館の親子クラブで作ったおひなさま。
当然、ほとんど私が作ってますが、モナカもちょこっと色を塗ったりしました。

女2人、母入れて3人もいながら、実家ではひな祭りをしたことは、ほとんどありません。
「ひな祭りだから、あられ買ってきたー」
「ひな祭りだから、甘酒作ったー」
「ひな祭りだから、手巻き寿司でもする?」
くらいのノリで、人形もなかったので、特に飾ることもなく。

そんなわけで、今日は、
「ひな祭りだし、ちらし寿司でも作るかー」
「ついでにはまぐり汁でも作るかー」
と、材料だけ準備をしました。

すると、ちょうどオットが体調不良で休んだため(とはいっても、ほとんど大丈夫そうだったのを、無理やり休ませた)、少しデコレーションしてみました。

こちらは、モナカ用ワンプレートディナー。

ワンプレート

モナカの好きな、茶碗蒸しもつけました。
モナカは、茶碗蒸しの具をほとんど食べないので、具は入れずに、きのこあんかけ茶碗蒸しです。
ちなみに、右側の黒い小山は、ほうれん草のごま和えですw。

そして、大人用は、ケーキっぽく・・・・

大人用

・・・・・・ここにも、私のセンスのなさが、ギラリと光りますorz

これに、あさりのお吸い物をつけました。
(はまぐりは、国内産でなかったため、あさりに変更)

モナカはあまりお腹がすいていなかったようで、茶碗蒸し以外はあまり食が進んでいなかったよう・・・orz
まあでも、理由はともあれ、平日に家族3人でご飯を食べられることはまずないので、3人でひな祭りができて、一応良かったということで。
posted by あなたのもなみ子 at 21:48| 群馬 🌁| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

乙女心。3歳なりにw。

ちょくちょく書いているけど、うちのオットは帰りが遅い。
平日は、モナカが起きている時間にはまず帰ってきません。
夕方になると、「おとうちゃんまだー?」と聞くモナカ。
私がジメ〜っと「そうなんだよ・・寂しいよね・・・・」と言うと、さらにジメジメモードになってしまうので、
「あ、まだ。今日はモナカが寝た後だわ」
と、さらっと言うようにしています。
そうすると「えー」とは言いながら、割と納得している模様。

さて金曜日。
「クレヨンしんちゃん」も見終わり、さあ寝ましょうという時間になりました。
「モナカ、歯磨きして寝るよー」
「・・・・・・・・」
「どうしたの?」

「・・・・モナカ、おとうちゃんがかえってくると思ったんだよ」
(お父ちゃんが帰ってくるまで待ちたかったの意)

なんだか切なくなってしまった。
仕方ないけど、おかしいよ。日本の企業。オットの会社。

とはいっても、モナカに日本の社会の仕組みを述べても仕方ない。
こういうときは、同意してあげるのが一番さっ!

「そっかぁ・・そうだよね。モナカお父ちゃんに会いたいよね」

と、言ったところ。

「ううん、そうでもない(サラッ)」

オイオイ、どっちだよ。
3歳にして、乙女心は複雑です。

寂しいだろうけど、もうちょっと大きくなったら、女同士、一緒に夜遊びしようぜ〜!
posted by あなたのもなみ子 at 00:45| 群馬 ☔| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。