2009年05月25日

誕生日だったのに・・・。

23日は誕生日。
24日は、「もなみちゃんねる」6年目突入記念日だったのに。

風邪ひいてました。
久々38℃超えしました。
ある意味記念日かもwww。

風邪は、自然治癒力で直す主義!を公言してはばからなかった私。
(おそらくそんなに浸透してないと思うがw)
子供ができてからは、薬に頼ってでも、とっとと治す主義に変更せざるを得ません。
インフルエンザも関東圏にやってきたことだし、一応検査もしたかったので、病院へいきました。

幸い?新型も季節型にもひっかかりませんでしたが、普通の風邪だって十分辛いんだい。
でも、抗生物質がきいたのか、熱はアッサリ下がりました。
でも、まだけっこうだるいので、今日は仕事休ませてもらったよ。
皆さんもお気をつけてくださいませ。

一番気の毒だったのは、せっかくの土日を、子守りと家事でつぶされたオットかもしれないw。
最近のモナカの、土日のワガママっぷりは相当なもので、2階で寝ている間にも
「イヤイヤイヤイヤイヤーうわぁぁぁぁぁぁん!」という叫び声で起こされること数回w。
意外に今日の仕事が息抜きになっていたりしてw。
「全然大変じゃなかったよー」とは言ってくれたけど、モナカ寝かしつける前に堕ちて行ったオット、ありがとう。

さて、仕事は休めても、主婦業はもう休めません。
オットも今日から遅いだろうし、いろいろやること多いのよね・・・。
仕事部屋は荒らされてるわ、支払いが色々あるわ、ごはんも作らなくちゃいけないしなぁ・・・・。
はあ、気分的にまただるくなってきた〜。

あ、そうそう、23日の夜は、オットとモナカが、誕生日ケーキを買ってきてくれました。
「もなみたんじょうびおめでとう」のプレートもつけてくれて、2人でハッピーバースデーの歌も歌ってくれました。
フラフラながらもうれしかったです。

次の日には、全部食べられちゃってたけどねwww。

まあ、良くなったら、自分で買ってきて食べようっと♪
posted by あなたのもなみ子 at 13:15| 群馬 ☔| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

カモニカ先生の謎。

昨日は重たいお話になってしまいましたが・・・。
励ましのコメントやメールをありがとう。
心機一転やってます(いつまでもつか〜ww)

「保育園でモナカの笑顔を取り戻せプロジェクト」(そんなのないw)
ということで、まずは、モナカの登園時間を30分遅らせました。
今まで「なるべく早起きして登園しましょうね」との園長の言葉を真に受けて、8時に登園していたのです。
先生たちの通常出勤時間が8時半。
その前の時間帯は、先生たちが順番で「早番」出勤しているのだそう。
なので、モナカも登園時に、担任の先生が毎日いる方が安心するだろうということと、「そんなに慌ててこなくていいですよ」との言葉もあり、8時半登園となりました。
実は数回寝坊している我が家w。ちょっと助かりますw。
ま、そのうちそれに合わせて寝坊するんだろうけどwww。

少しずつ、少しずつです。


さて本題。

モナカのクラス「うさぎぐみ」の担任の先生は2人。
30人近いわからんちんどもを束ねるのは、さぞ大変であろう。
先日の面談で「園へのご要望はないですか?」と聞かれましたが、もう見てくれるだけで十分でございます(マジでマジで)。

「うさぎぐみきらーい」と時々言うモナカも、担任の先生のことは悪からず思っているようで、早番でいると、明らかにホッとした顔をします。
ひとりの先生は「Fせんせい」(珍しい名字なので伏せます)。
擬態語っぽい響きで、子供にも言いやすいのか、すぐに覚えてきました。

ところが。
「モナカ、うさぎぐみのもう一人の先生はなんて名前?」と聞くと、


「カモニカせんせい」



微妙に母音は合っているけど、「カ」「モ」「ニ」どれも入ってません。

しかも、カモニカ先生、

3文字なんですけど。





よくある名字だからいっか。
タムラ先生なんです。
なぜ「タムラ」が「カモニカ」になるのか。
子供の耳って時々不思議。

しばらくは、モナカが「カモニカせんせい」と言うと「ああ、タムラ先生ね」と、さりげなく訂正していたのだけど、最近では、私も「カモニカ」の響きが気に入ってしまい、訂正しなくなってしまったw。
本当は面談で言おうと思っていたのだけど、それどころじゃなかったんで、近々タムラ先生に言っておかなければw。
posted by あなたのもなみ子 at 23:30| 群馬 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

個人面談。

昨日、モナカの保育園で、個人面談がありました。

最近は、楽しかったーと言って帰ってくるので、あまり心配もしていなかったのですが、先生のお話によると、

・GW明けてから、表情が暗くなっている。
・4月にはできていたことも、できなくなってしまった。
・お友達に、嫌なことを「いやだ」と言えない。
・先生にも言えない。
・ひたすらブランコ遊び「だけ」をしている。
・失敗が怖いのか、何をするにも先生に確認を取っている。

等々、心配なことばかりでした。
でも一番聞いて辛かったのは、

「泣きたかったら泣いちゃってもいいんですけどね、むしろその方がいいんですけど、モナカちゃんは泣かないんです。
私たちが『泣いてもいいんだよ』と言っても、ぐっとこらえてるんです」

と言われたこと。
確かに、ここ最近の私はイライラしていて、特にGWはワガママがすごくて、モナカのキーキーにつきあいきれなかった。
そして、GW明けの登園の時に泣いたときにも受け入れてあげられなかった。
「泣いたら怒られる」って思わせてしまった。
その他もろもろ、私に思い当たる節がものすごくあった。

「お母さんだけのせいじゃないよ!育児は両親でするものだ」
とはよくいうけど、何しろうちは平日は私一人でやっているので、私の影響がかなり絶大なことは言うまでもないことなわけで。
そんな私自身のプレッシャーとかストレスも、モナカは敏感に感じ取っていたのかもしれない。

等々、先生にお話をしました。
先生は「自分の子供に感情的になってしまうのは仕方ないですよ、わかります」
と言ってくれた上で、

「モナカちゃんすごくがんばっているんですけど、ママからも『そんなにがんばらなくていいよ』って言ってあげてください」


私自身は、モナカに「がんばって」って言ったことはなかった。
がんばっているのはわかっていたから、あえて使わないようにしていた。
でも、
ちょっとした一言「楽しんでおいでー」とか「お友達と遊んでおいでー」
という言葉や、
口癖のように使ってしまう
「ちゃんと○○しな〜」
という言葉が、モナカにとっては、プレッシャーだったのかも。


そんなわけで、昨日の夜、ベッドに入ってから
「モナカねー、保育園で困ったことがあったら、なんでも先生に言っていいんだよ。先生は必ず助けてくれるから」
「あとね、保育園そんなにがんばらなくていいんだよ。泣きたくなったら、泣いたっていいんだよ」
「こないだお母ちゃん、モナカが泣いたとき怒っちゃったけど、本当は怒ってないから、心配しなくていいからね」

という主旨のことを話しました。

すると、ちょうどタイミングだったのかもしれないけど、ふっと身体の力を抜いて、すーっと眠りに落ちていきました。
やっぱりずっと緊張していたのかな。
まだ1ヶ月だもんなぁ・・・・この時期は、新入園児じゃなくても泣いたり不安定になる子供が多いみたいだから。


そして今日、朝保育園に送っていき、いつものようにブランコを10回こいであげてから
「じゃあ、お母ちゃん行くからね、バイバイ」
と言うと
「いってらっしゃーい」
と見送ってくれました。

実は、GW明けてから、「お母ちゃん行くね」と言うと、すごく切なそうな顔をしていたのです。


育児って、自分の一番嫌な部分を突きつけられたり、向きあったりしなきゃいけない作業だなぁとよく思うのだけど、今回の面談も、まさにそんな感じでした。

でも、昨日言われて良かった。
もし
「モナカちゃん、順調ですよー。全然問題ないです」
とか言われたら、軌道修正できずに、後々大変なことになっていたかも・・・・。

私も接し方や言葉の掛け方を見直す機会ができて、今日から心を入れ替えるぞっと決意できましたってことで、まあよしとして。


・・・・問題は、帰ってきてから面談の結果を聞き、
「うーーーーーーーーーーーーーーーーむ・・・・・・・・・」
と考え込んでしまったオットかw。
posted by あなたのもなみ子 at 10:20| 群馬 | Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

胎内記憶。

モナカが3歳になったら、聞いてみたいことがありました。
それは、「生まれた時の記憶」。
3歳のどこかで、1度だけ聞くのがいいらしいです。
何度も聞いたり、ある程度大きくなってから聞くと、想像で記憶を作ってしまうのだそう。

しかも、難産の場合は、記憶している確率が高いらしい。
(あくまで統計として)
陣痛48時間&帝王切開という、おそらく難産の部類に入るであろう私。

「くるしくて、急に明るくなったのー」
とか
「急にドアがあいたのー」
とか、
なんかそれっぽいセリフを期待し、先日とうとう聞いてみました。
(っていうか、ずっと聞くのを忘れていたw)


「ねーモナカ、モナカが生まれてきた時のこと覚えてる?」
「んー・・・・・・、おぼえてる」

よくわからないけど、お母ちゃんが覚えてる?っていうから覚えてるって言ってみた風な返答w。

「どんなだった?」

「んーーーー・・・・・・・・・・・・・
(数秒考えて)


赤ちゃんだった。」



イヤイヤイヤイヤイヤイヤ。
そりゃそうですから!


「じゃあさー、お母ちゃんのおなかの中にいたとき、どんなだった?
暗かった?」

「(割と即答)暗くなかったよ。
まるくてねー、ここにおっぱいがあったから飲んだ」


イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ。
それおそらく生まれた後のことですから!


要は覚えていなかったようです。
まさか「赤ちゃんだった」という返しがくるとは思ってなかったw。
さすが私の子。


ついでに、今日は子供の日なので、もうひとつ質問してみました。

「モナカは大きくなったら何になりたい?」

「えーとね。うさぎぐみ!


イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ。
それ今ですから!



*「イヤイヤイヤイヤイヤ・・・」はダチョウ倶楽部風に読んでいただけると、私の気持ちに近づけますw。
posted by あなたのもなみ子 at 21:53| 群馬 ☔| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

金欠GW。

父と子

残すところ、あと2日。
帰省しようにも、沼津IC周辺に、報道のヘリが飛んでるくらいの渋滞を見てしまうと、帰る気失せまくりです。

しかも、今月のもな田家、

・不景気によるオットの減給。
・オットの歯代が22万。
・先月買い換えた掃除機の支払いが、よりにもよって今月。
・忘れていたが、モナカの保育料発生。
・こんな時に限って、化粧水が切れる。

等々の理由により、経済的にピンチです。
あわてて定額給付金の受給手続きをしたら、6月だってアハハハ。

と、いうわけで、GWは近場でちょこちょこ遊んでいます。
1日は平日だったので、モナカは保育園だけど、オットはお休みだったし、私も予約が入っていなかったので、ものすごく久しぶりに2人でランチをしました。
ちょっとウレシス。
保育園に送って行ったオットによると、お父さん率が非常に高かったらしいww。

今日は、友達が山梨の芝桜を見に行った話をブログで見たので、うちも見たくなり、先月芝桜祭りをしていた運動公園に行ったら、既にハゲハゲ。
とりあえずひと回り見て帰ろうとしたら、モナカが「もっとお花見たーい」と言うので、お花がいっぱいみられる場所・・・。
ということで、うちの近所のホームセンターがやっている、ボタニックガーデンという有料の庭へ行ってみました。
「庭見るのに金取るってさー」と、今まで一度も入ったことがなかったのだけど、入ってみると、花に興味がない私でもけっこう楽しめます。
モナカが一番興味を持ったのは、水道とたまたま這っていたミミズでしたがwww。

写真は、ボタニックガーデンを歩く2人。
オットと一緒の時は基本抱っこなので、手をつないで歩く姿はレア物w。

残り2日も、こんな感じでゆるゆると過ぎていきそうです。
ああ金欠・・・・。
posted by あなたのもなみ子 at 22:29| 群馬 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。